神奈川県横須賀市の皮膚科、中林皮膚科です。京急堀ノ内駅徒歩1分 にきび、しみ、しわ などのご相談お気軽に

横須賀市 中林皮膚科 神奈川県横須賀市三春町3-24-6 TEL046-828-5002
インターネット順番予約
HOME 外来予定表 医師紹介 診察の流れ 院内設備 交通案内 ネット予約

蕁麻疹(じんましん)【皮膚科】

蕁麻疹とは、激しいかゆみを伴い、皮膚が蚊に刺されたように、赤くなり腫れ盛り上がる病気です。

皮膚の真皮にある肥満細胞がヒスタミンという物質を作り出し、かゆみとともに毛細血管が拡張して、血管の透過性が高まり、皮膚の浮腫を起こさせ、盛り上がった発疹(膨疹)を生じます。

地図のように不規則な形をしたり、米粒くらいの円形の大きさであったりと、いろいろな形のこともあります。

普通は数時間くらいで消えて、また違う場所に出現することが多いですが、体にできる部位も、一定しません。

発疹が4週以上にわたって繰り返し続く場合は慢性蕁麻疹と呼ばれています。

5人に1人が、一生に一度は経験することがある頻度の高い病気です。

蕁麻疹の原因

原因は、食べ物、ほこり、精神的なストレス、日光、圧迫摩擦などの物理的刺激、薬、ウイルスや細菌による感染症など様々なものあります。

薬や食べ物が原因となる場合はアレルギー性のことが多く、再度、原因の薬や食べ物を摂取すると、繰り返し症状が出現します。

しかし、実際は原因がはっきりとわからない場合が多く、慢性蕁麻疹の約80%は原因不明といわれています。
最近になりマスト細胞に作用してヒスタミンを分泌させる自己抗体が原因の場合があることも、わかってきました。


蕁麻疹の症状

蕁麻疹の多くは、強いかゆみとともに身体の部位に、赤みがかった、みみずばれのような発疹が急に出現します。
焼けるような熱さやチクチクとしたりすることもあったり、悪化すると痛みを感じることもあります。

症状は通常、24時間以内には痕(あと)を残さないで、きれいに治ってしまいますが、長期にわたって新しい発疹が続くことがあります。


蕁麻疹の検査

蕁麻疹は原因が不明のことが多いですが、内臓の異常が原因でないか調べるため、血液検査を行うこともあります。食べ物などのアレルギーが疑われる場合は、アレルギー検査を行います。


蕁麻疹の診断

症状と特徴的な皮膚の状態から診断します。一時的なもので、痕を残さず消えることが、診断のポイントです。


蕁麻疹の治療法

蕁麻疹の治療は抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬などの薬物療法が中心になります。

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬にはいくつかの種類があり、人によってこれが合う薬、合わない薬があります。自分に合った薬を見つけることが大切です。症状が出なくなるまで、内服を続けます。


蕁麻疹の予後

急性蕁麻疹であれば、症状にもよりますが、数日で治る場合もあります。
1ヵ月以上続くと慢性蕁麻疹ということになりますが、この場合長ければまれに数年かかることもあります。




【皮膚科】
あせも・湿疹・かぶれ
アトピー性皮膚炎
水虫(足白癬)、爪水虫(爪白癬)
いぼ・水いぼ
にきび
蕁麻疹(じんましん)
たこ・魚の目
帯状疱疹・ヘルペス
乾癬
掌蹠膿疱症
手あれ・乾燥肌
やけど・日焼け
円形脱毛症
男性型脱毛症(AGA)
とびひ


【自費診療・化粧品等】
ENVIRON
プロペシア
ハイドロキノン
トレチノイン
10%ビタミンC誘導体
その他
取り扱い化粧品等

◆ 中林皮膚科 概要
院長 中林淳浩
資格 皮膚科専門医 医学博士
科目 皮膚科
住所 神奈川県横須賀市三春町
3-24-6 堀ノ内メディカルビル2F
電話 046-828-5002


(ご通院の地域、ご利用駅)
横須賀市三春町、堀ノ内、京急大津、馬堀海岸、浦賀、新大津、北久里浜、京急久里浜、横須賀中央、汐入、逸見、安針塚、京急田浦、追浜、金沢八景、YRP野比、京急長沢、津久井浜、三浦海岸、葉山町、三浦市、横浜市金沢区、
などから通院いただいております。

サイトマップ医療機能情報医療求人情報リンク集
Copyright© 横須賀市 中林皮膚科 All rights reserved. produced by FARO