神奈川県横須賀市の皮膚科、中林皮膚科です。京急堀ノ内駅徒歩1分 にきび、しみ、しわ などのご相談お気軽に

横須賀市 中林皮膚科 神奈川県横須賀市三春町3-24-6 TEL046-828-5002
インターネット順番予約
HOME 外来予定表 医師紹介 診察の流れ 院内設備 交通案内 ネット予約

アトピー性皮膚炎【皮膚科】

アトピー性皮膚炎は、皮膚がかゆくなる、赤くなるなどの症状が慢性的に経過する病気です。従来から、患者の多くは乳幼児期に発症し、成人なるにつれて軽快していく例が多いといわれていますが、実際のところ成人まで続いてしまう例も多く、また、少数ながら成人で発症する例もあり経過は様々です。

中波紫外線療法はこちら

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー素因という遺伝的な素因が関わっています。アトピー性皮膚炎の患者では、元来、皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリア機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応などが加わって発症すると考えられています。
さらには、ダニやハウスダスト(ほこり)や食べ物などに対するアレルギーや、生活習慣、ストレス、環境因子、細菌・真菌など様々な要因が発症や悪化に関連しているといわれています。

アトピー性皮膚炎の診断

日本皮膚科学会の診断基準によれば、(1)そう痒(かゆみ)(2)特徴的皮診と分布(3)慢性・反復性経過(乳児では2カ月、それ以外では6カ月以上)となっています。つまりアトピー性皮膚炎は皮膚症状とその経過で診断します。アレルギー検査は参考にはなりますが、アトピー性皮膚炎の診断には必ずしも必要としません。

アトピー性皮膚炎の検査

診断の補助として非特異的I g Eの測定、ダニやハウスダスト、食物などの悪化因子の検索として特異的IgE値の測定を行う場合があります。
また、近年ではアトピー性皮膚炎の重症度の判定にTARC値の測定が行われるようになってきました。

アトピー性皮膚炎の治療法

アトピー性皮膚炎の治療は(1)入浴や保湿剤などのスキンケア(2)皮膚の炎症を抑える薬物療法(3)悪化因子の除去が3本柱になります。
(1) 入浴や保湿剤などのスキンケア
アトピー性皮膚炎では、皮膚のバリア機能が弱っているため、皮膚を清潔に保つための入浴、シャワー、正しい洗浄方法と、皮膚の潤いを保ちバリア機能を補うための保湿剤の塗布が重要です。
(2) 皮膚の炎症を抑える薬物療法
皮膚に炎症(赤みや、かゆみなど)がある場合は、ステロイドやタクロリムスの外用薬を適切に使用し、早期に炎症を鎮めることが重要です。また、かゆみを軽減させるため、補助的に抗ヒスタミン剤等の内服を行います。
(3) 悪化因子の除去
アトピー性皮膚炎の悪化因子は、ハウスダスト、ダニ、化粧品、装具品などの環境因子、発汗、真菌・細菌、食物、ストレスなど多種多様です。患者さんの年齢、体質、生活環境により悪化因子は異なります。症状の経過や検査で、何かを探し、それを避けることでアトピー性皮膚炎の悪化を防ぎます。
当院では、日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎診療ガイドラインに基づいた標準治療を行っています。標準治療を丁寧に根気よく行いアトピー性皮膚炎の軽快、寛解を目指します。


【皮膚科】
あせも・湿疹・かぶれ
アトピー性皮膚炎
水虫(足白癬)、爪水虫(爪白癬)
いぼ・水いぼ
にきび
蕁麻疹(じんましん)
たこ・魚の目
帯状疱疹・ヘルペス
乾癬
掌蹠膿疱症
手あれ・乾燥肌
やけど・日焼け
円形脱毛症
男性型脱毛症(AGA)
とびひ


【自費診療・化粧品等】
ENVIRON
プロペシア
ハイドロキノン
トレチノイン
10%ビタミンC誘導体
その他
取り扱い化粧品等

◆ 中林皮膚科 概要
院長 中林淳浩
資格 皮膚科専門医 医学博士
科目 皮膚科
住所 神奈川県横須賀市三春町
3-24-6 堀ノ内メディカルビル2F
電話 046-828-5002


(ご通院の地域、ご利用駅)
横須賀市三春町、堀ノ内、京急大津、馬堀海岸、浦賀、新大津、北久里浜、京急久里浜、横須賀中央、汐入、逸見、安針塚、京急田浦、追浜、金沢八景、YRP野比、京急長沢、津久井浜、三浦海岸、葉山町、三浦市、横浜市金沢区、
などから通院いただいております。
サイトマップ医療機能情報医療求人情報リンク集
Copyright© 横須賀市 中林皮膚科 All rights reserved. produced by FARO